Home » ユキの登山日記 » 2016,残雪の奥穂高岳は感謝の山

2016,残雪の奥穂高岳は感謝の山美容室サロットグレ noguchi -新小金井駅より徒歩1分-

category : ユキの登山日記 2016.6.20

2016年4月27日、山小屋開き初日に予定していた山行は

悪天候のため、5/2~4に変更

4/30、5/1と穂高連峰では遭難が多発

TVでも新聞でも、勿論現地でも大変な騒ぎの中

束の間の晴天に恵まれ、山友女子Nさんと幸運にも決行

雪は予想以上に少なく、本谷橋は既に架けられていました

IMG_1524

ありがたいですm(__)m

IMG_1525

5/2に雪が無い。。。

IMG_1529

本谷からは夏道ルート。

橋を渡ってからの急登がキツイ~

IMG_1532

小屋開き前にヒュッテに予約の電話を入れた時は

穂高岳山荘までは例年通りあづき沢直登とアドバイスをいただきましたが、

ここ数日の降雪によりザイテングラートの向かって右側を登ることに

つまり涸沢岳の左側を目指し、途中からザイテンの背を登り

夏道方向で小屋を左手に目指しました。

IMG_1534

ザイテンの背中に登ると前穂高岳が目の前に

IMG_1543

下界に雪が無くても、さすがにカールの懐は雪の世界

IMG_1545

小屋から先は岩と雪。雪の状態はゆるゆるでグズグズ。

ハシゴの先は雪壁。

アイゼンとピッケルでずり落ちないように慎重に、しがみ付きながらの登り

取付きには、岐阜警県と穂高山荘のMさん。なんだか頼もしい。

しっかりアドバイスをいただき、いざ出陣

IMG_1547

頂上直下のふたつめの雪壁は小屋裏の雪壁よりも急で長い

IMG_1552

頑張るNさんの背中に槍ヶ岳△

IMG_1553

念願の残雪期、再び自力で登頂

IMG_1557

そして、ジャ~ン

IMG_1562

雪庇に踏み後がついているため、

山荘のMさんによるお手製のメッセージ

「 × セッピ 」

赤ペンキを持ち合わせていなかった為、

石ころで描いて?くれてました

IMG_1565

アタック後、ふり返れば続々皆さん登っていきます

早出して良かった◎

IMG_1566

今年の奥穂チャレンジは

お天気、県警・小屋のスタッフの方々、そして山の神様

全てに感謝です。(毎回のことですが。。。

コメントフォーム

Copyright(c) 2012-‘2020’ 美容室サロットグレ noguchi -新小金井駅より徒歩1分- All Rights Reserved.